Event is FINISHED

【オンライン開催】THE BUSINESS DAY #4:withコロナ時代の新しいビジネス様式

Description

現在LIVE配信中です。こちらからご覧ください!
https://youtu.be/OfH53zQfISQ



■イベント概要

「THE BUSINESS DAY」は、ビジネス/コーポレート系業務に携わるみなさんが知見や最新トレンド等を共有するコミュニティの創造を目指し、株式会社メルカリが2016年11月より企画・実施しているビジネスカンファレンスです。

経営者向けやエンジニア向けのイベントは、数多く開催されてきました。しかし、ビジネス/コーポレート系業務に関しては機密事項などもあり、各社の知見が充分に共有されているとは言い難いのが実情です。そこで可能な限りその情報やソリューションをオープンにシェアし合える場をつくり、業界全体のレベルアップにつなげることが重要だと考え、2016年11月に「THE BUSINESS DAY」第1回イベントを開催、以来、過去2回同様のイベントを実施しております。

第4回目となる今回は、昨今の新型コロナウイルス感染拡大により、多くの企業がリモートワークにシフトする中、日本経済や企業のコーポレート戦略の今後の変化を見据え、様々な分野の有識者のみなさまをお招きし、「withコロナ時代の企業経営に求められる新しいビジネス様式」をテーマにオンライン開催いたします(参加費無料)。

事業運営を担うみなさんにとって多くのヒントであふれる場にしていければと考えておりますので、この機会に是非ご参加ください。


■参加方法

本イベントは、YouTube LIVE配信によるオンライン上での開催となります(参加費無料)。
当日の配信先URLは、参加者にのみPeatix経由にてメールでお送りさせていただきます。
※YouTubeにアーカイブが残ります
※当日の登壇者への質問はtwitterにてハッシュタグ#thebusinessday4を付けて投稿をお願い致します

★★★事前質問受付中★★★
登壇者への事前質問はお申し込み時のフォーマットにご入力をお願い致します


■タイムスケジュール

開催日時:2020年7月2日(木) 13:00-18:00
※時間は目安です
※当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます


■登壇者詳細プロフィール(セッション順)
【セッション1】
withコロナ時代のスタートアップに求められる「新しいビジネス様式」
~今後のスタートアップに求められる社会的役割、社会に必要とされる事業領域とは~

・衆議院議員(経済産業副大臣) 牧原秀樹様

1971年6月4日生まれ。 埼玉県さいたま市在住。
東京大学法学部卒業、ジョージタウン大学ロースクール卒業。
弁護士。NY州弁護士。
2003年 経済産業省通商政策局 通商機構部入省。
2005年 衆議院選挙に埼玉5区より立候補、初当選。
2013年 環境大臣政務官就任。
2014年 自由民主党副幹事長就任。
2015年 自由民主党青年局長就任。
2016年 自由民主党国会対策委員会副委員長、衆議院議院運営委員会理事就任。
2017年 厚生労働副大臣就任。
2018年 衆議院内閣委員会委員長就任。
2019年 経済産業副大臣就任。現在四期目。


・READYFOR株式会社 代表取締役CEO 米良はるか様
1987年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。2011年に日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」の立ち上げを行い、2014年より株式会社化、代表取締役 CEOに就任。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出、日本人史上最年少でダボス会議に参加。現在は首相官邸「人生100年時代構想会議」の議員や内閣官房「歴史的資源を活用した観光まちづくり推進室」専門家を務める。


・WiL.LLC 共同創業者兼CEO 伊佐山元様

1997年東京大学法学部卒業後、日本興業銀行に入行。法人営業、及び市場業務に従事。2001年よりスタンフォード大学ビジネススクールに留学し、2003年より、米大手ベンチャーキャピタルDCMのパートナーとして、シリコンバレーと日本を中心に、ベンチャー企業の発掘と投資・育成に注力。2013年にWiLを創業。日本にベンチャー精神を普及させるため、日経産業新聞、日経電子版、東洋経済オンライン等メディアに多数寄稿している他、経済産業省や文部科学省をはじめ、多くの政府委員や有識者会議のメンバーとしてもベンチャー振興の提言を続けている。


・株式会社メルカリ 取締役President (会長)小泉文明

早稲田大学商学部卒業後、大和証券SMBCにてミクシィやDeNAなどのネット企業のIPOを担当。2006年よりミクシィにジョインし、取締役執行役員CFOとしてコーポレート部門全体を統轄する。2012年に退任後はいくつかのスタートアップを支援し、2013年12月株式会社メルカリに参画。2014年3月取締役就任、2017年4月取締役社長兼COO就任、2019年9月取締役President (会長)就任。2019年8月より株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シー代表取締役社長兼任。

【セッション2】
withコロナ時代の働き方に関する「新しいビジネス様式」
~withコロナ時代の働き方シフトは、ピンチか、チャンスか?~

・サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野慶久様
1971年生まれ。愛媛県今治市出身。大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、松下電工(現 パナソニック)を経て、1997年8月愛媛県松山市でサイボウズを設立。2005年4月代表取締役社長に就任。2018年1月代表取締役社長 兼 チームワーク総研所長(現任)
社内のワークスタイル変革を推進し離職率を7分の1に低減するとともに、3児の父として3度の育児休暇を取得。また2011年から事業のクラウド化を進め、売り上げの半分を超えるまでに成長。総務省、厚労省、経産省、内閣府、内閣官房の働き方変革プロジェクトの外部アドバイザーやCSAJ(一般社団法人コンピュータソフトウェア協会)の副会長などを歴任。
著書に『ちょいデキ!』(文春新書)、『チームのことだけ、考えた。』(ダイヤモンド社)、『会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない。』(PHP研究所)がある。


・予防医学研究者/博士(医学) 石川善樹様

1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。公益財団法人Wellbeing for Planet Earth代表理事。
「人がよく生きる(Good Life)とは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学、概念工学など。近著は、フルライフ(NewsPicks Publishing)、考え続ける力(ちくま新書)など。


一般社団法人at Will Work 代表理事/Plug and Play Japan株式会社 執行役員CMO/一般社団法人マーケターキャリア協会 理事 藤本あゆみ様
大学卒業後、2002年キャリアデザインセンターに入社。求人広告媒体の営業職、マネージャー職を経て2007年4月グーグルに転職。代理店渉外職を経て営業マネージャーに就任。女性活躍プロジェクト「Women Will Project」のパートナー担当を経て、同社退社後2016年5月、一般社団法人at Will Workを設立。株式会社お金のデザインでのPR マネージャーとしての仕事を経て、2018年3月よりPlug and Play株式会社でのキャリアをスタート。現在は執行役員CMO としてマーケティングとPRを統括。


・株式会社メルペイ 執行役員CBO 山本真人
2004年 東京大学大学院 学際情報学府 修士課程修了。NTTドコモを経て、2008年よりGoogle JapanのEnterprise部門 Head of Partner Salesを務める。2014年にはSquare JapanにてHead of Business Development and Sales、2016年からはApple JapanにてApple Pay 加盟店事業統括責任者を務める。2018年4月より現職。

【セッション3】

withコロナ時代にデジタル・トランスフォーメーションを推進するための「新しいビジネス様式」
~企業のコーポレート戦略においてデジタル・トランスフォーメーションを推進するため変えるべき業務・法律/ルールとは~

・衆議院議員(内閣府副大臣) 平将明様

衆議院議員
前自民党内閣第二部会長・衆議院消費者問題に関する特別委員会筆頭理事
経済成長戦略、地方創生、規制改革、国家戦略特区、IT戦略、宇宙、クールジャパン、行政改革などの政策立案・とりまとめを担当。
2005年自民党衆議院東京4区の公募に応募、公認候補に選出され立候補、初当選、現在5期目。
元衆議院環境委員会委員長 元内閣府副大臣(地域創生・国家戦略特区等担当)、元自民党副幹事長・情報調査局長、元経済産業大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官。
昭和42年2月21日東京生まれ、早稲田実業学校中高、早稲田大学法学部卒。


・千葉市長 熊谷俊人様

1978年生まれ、神戸市出身。2001年早稲田大学政治経済学部卒業、NTTコミュニケーションズ株式会社入社。2007年5月から2年間、千葉市議会議員を務め、2009年6月、千葉市長選挙に立候補し当選。当時全国最年少市長(31歳)、政令指定都市では歴代最年少市長となる。現在3期目、42歳。
市政の現状、施策の選択理由などを市民との対話を通してオープンに。指定都市市長会副会長。妻と子ども2人。趣味は登山、詩吟、歴史。 


・株式会社イプシ・マーケティング研究所 代表取締役社長 野原佐和子様

2000年より、㈱イプシ・マーケティング研究所代表として、オンライン・デジタル関連ビジネスの調査・戦略コンサルテーションを提供。また、2004年より産業競争力会議、IT総合戦略本部、サイバーセキュリティ戦略本部、経済産業省産業構造審議会総会等、極めて多数の政府の審議会等委員を歴任。さらに、2006年よりNEC、SOMPOホールディングス、ゆうちょ銀行、東京ガス、第一三共等、様々な企業の社外取締役・監査役として、コーポレート・ガバナンス向上に務める。2009年より、慶應義塾大学特任教授として、次世代の教育にも取り組む。


・株式会社メルカリ 会長室政策企画 Director 吉川徳明

2006年、経済産業省入省。商務情報政策局でIT政策、日本銀行(出向)で株式市場の調査・分析、内閣官房でTPP交渉などに従事。
2014年からヤフー株式会社に入社し、政策企画部門で、国会議員、省庁(警察庁、金融庁、総務省、経済産業省、環境省等)、国内外のNGO等との折衝に当たってきた。また、一般社団法人セーファーインターネット協会等の活動を通じて、業界横断の自主規制の策定、幅広いステークホルダー間の利害調整、官民を横断したルールメイキングに従事。
2018年4月、メルカリに入社し、政策企画チームの立ち上げを担う。チームの立ち上げと並行して、フリマ等のEC分野やキャッシュレス決済や少額与信等のフィンテック分野を中心に政府の審議会等で政策提言に従事。一般社団法人Fintech協会の理事も務める。

【セッション4】
withコロナ時代のコミュニケーション・ブランディングに求められる「新しいビジネス様式」
~社会の公器としての企業のあり方と、企業・消費者間のあるべき関係とは~

・株式会社本田事務所 代表取締役/PRストラテジスト 本田哲也様
「世界でもっとも影響力のあるPRプロフェッショナル300人」にPRWEEK誌によって選出された日本を代表するPR専門家。セガの海外事業部を経て、1999年にPR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人に入社。2006年にブルーカレント・ジャパンを設立し代表に就任。P&G、花王、ユニリーバ、アディダス、サントリー、トヨタ、資生堂など国内外の企業のPR支援を手掛ける。19年より、株式会社本田事務所としての活動を開始。著書に「その1人が30万人を動かす!」(東洋経済新報社)、「広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。」、「戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など


・丸井グループ 取締役上席執行役員 共創投資部長 青木正久様
1992年に株式会社ムービングへ入社。2009年に株式会社丸井へ異動し、新宿マルイ アネックス店長やアニメ事業部長を経て、2017年に執行役員就任。2019年4月に上席執行役員、株式会社丸井代表取締役社長。同年6月よりグループ取締役に就任。


・三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 経営企画部副部長 吉高まり様

IT企業、米国投資銀行等に勤務。ミシガン大学環境・サステナビリティ大学院(現)科学修士。2000年三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUMSS)にてクリーン・エネルギー・ファイナンス部を立ち上げ。環境金融コンサルティング業務に長年従事。ESG投資及びSDGsビジネスの領域で多様なセクターに対しアドバイス・講演・調査等を実施。三菱UFJ銀行戦略調査部、MUMSS経営企画部兼務。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科非常勤講師。UN Women-WE EMPOWER Japanアドバイザリー・グループメンバー、環境省中央環境審議会地球環境部会臨時委員等の政府委員も務める。2020年5月より現職。


・株式会社メルカリ Brand Management Manager 田原純香

大学卒業後、Accentureにて経営戦略コンサルタントとして、製造業などを中心に、コスト削減・戦略立案プロジェクトに従事。その後、A.T. kerney にて、同じく経営戦略コンサルタントとして勤めたのち、Interbrandへ。Interbrandでは、ブランド戦略コンサルタントとして、ブランド価値評価、ブランドコンセプト策定、ブランドを軸とした新規事業立案などのプロジェクトを担当。2018年10月にメルカリに入社。社長室にてリスク管理プロジェクトやESGプロジェクトなどに従事した後、現在のBrand management teamへ。

【セッション5】
withコロナ時代の経営に求められる「新しいビジネス様式」
~コロナショックを受けて、今後社会はどのように変わっていくのか、企業経営に求められる「新しいビジネス様式」とは~

・株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO 冨山和彦様

東京⼤学法学部卒、スタンフォード⼤学経営学修⼠(MBA)、司法試験合格。
ボストンコンサルティンググループ、コーポレイトディレクション代表取締役を経て、2003年に㈱産業再⽣機構設⽴時に参画しCOO に就任。解散後、IGPI を設⽴し現在に⾄る。パナソニック㈱社外取締役。経済同友会政策審議会委員⻑。財務省財政制度等審議会委員、財政投融資に関する基本問題検討会委員、内閣府税制調査会特別委員、経済産業省産業構造審議会新産業構造部会委員など政府関連委員多数。
近著に『コーポレート・トランスフォーメーション ⽇本の会社をつくり変える』『コロナショック・サバイバル ⽇本経済復興計画』『AI経営で会社は甦る』他。


・株式会社セント・フォース/フリーアナウンサー 瀧口友里奈様

東京大学出身。幼少期に米国に滞在した帰国子女(TOEIC955点)。大学在学中にセント・フォースに所属して以来、フリーアナウンサーとして活動。テレビやラジオを中心に多くの番組に出演してMC・リポーターなどを務め、ForbesJAPAN エディターとして、イノベーション・スタートアップ・テクノロジー領域の取材・記事執筆も行う。現在は、日経CNBCにて経済キャスターとして毎日生放送のマーケット番組のMCを務める。シリコンバレーにも足を運び、これまでに多くの経営者やトップランナーを取材。


・株式会社メルカリ 代表取締役CEO (社長) 山田進太郎
1977年9月21日愛知県瀬戸市生まれ  早稲田大学卒業後、ウノウ設立。「映画生活」「フォト蔵」「まちつく!」などのインターネット・サービスを立上げる。2010年、ウノウをZyngaに売却。2012年退社後、世界一周を経て、2013年2月、株式会社メルカリを創業。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#644445 2020-07-02 05:31:36
More updates
Thu Jul 2, 2020
1:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加無料(YouTubeLive配信) FULL
Organizer
THE BUSINESS DAY
1,578 Followers
Attendees
712

[PR] Recommended information